18カラ~ノ

その16

中高生にとってのロールモデルって?~18才に注目した共同調査を実施~

中高生にとってのロールモデルって?〜18才に注目した共同調査を実施〜

2020.07.28

平成から令和へ、様々なイノベーションを動力に価値観やライフスタイルが大きく変わろうとしています。平成30年間に起こった様々な時代の変化が、「新しい若者たち」を生みました。彼らを理解することは、今という時代、さらにはこれからのwith/Afterコロナの時代に向けた変化と不変性を見通すことに通じます。時代を映す「新しい若者たち」。<18カラ~ノ、>では、「多様化の時代」を生きる新しい若者たちに注目し、「次世代ロールモデル研究セミナー」を開催しました。

【セミナー実施概要】
  • ■ 日程: 2020年6月25日(木)、26日(金)/各日13:00 ~ 15:00
  • ■ 方法: オンラインによるウェビナー形式にて開催
  • ■ 主催: 株式会社大広と日本インフォメーション株式会社による共催
  • ※セミナーは終了しております。
    ※当サイトでは、セミナーの内容についてサマリーしています。
    ※セミナーの詳細についてはこちらこちら

https://www.n-info.co.jp/ 日本インフォメーション株式会社ロゴマーク

※当サイトで紹介している内容についての著作権は、株式会社大広と日本インフォメーション株式会社が保有します。 内容を転載・引用する場合には、「(株)大広・日本インフォメーション(株)調べ」と明記してご利用ください。

1.中高生の購買力|こづかいの変化と使い道

平成30年間に、3つの若者世代が存在。

平成30年間。時代の様々な変化を背景に、「若者たち」は3つの世代に分類できます。平成最後の10年に10代を過ごした世代が、最も「新しい若者たち」であり、Z世代と呼ばれています。

中高生のこづかい|毎月の平均収入額(内訳)

1.中高生の購買力|こづかいの変化と使い道

時代と共に、若者の意識も変化。

若者の「価値観・意識」は、平成30年間に10年スパンで変化しています。 ❶平成最初の10年に10代を過ごした「ポスト団塊Jr世代」 ❷21世紀を迎えた平成真ん中の10年に10代を過ごした「ゆとり世代」 ❸平成最後の10年に10代を過ごした「Z世代」の3つの世代では、時代背景の影響を受け、「価値観・意識」が変化しています。

中高生のこづかい|毎月の平均収入額(内訳)

1.中高生の購買力|こづかいの変化と使い道

お手本となる「先行事例」から、生き方「ロールモデル」探しへ。

ここで言う「ロールモデル」とは、可視化された「先行事例」のことを指します。デジタル化の進展とSNSの台頭によって、従来では広く目に触れることのなかった様々なライフスタイルや、人生における多様な選択肢が可視化されました。例えば、現代の高校生・大学生たちが、そのまま一般企業に就職するのではなく、アイドルやアーチスト、プロスポーツ選手になることを目指すのも特別なことではなくなってきました。仮に夢や目標の実現が壁にぶち当たって困難になっても、そこからリカバリーできることを「先行事例」を通じて知っているのです。

一方で、情報化・デジタル化によって「ロールモデル」「先行事例」の可視化が進み、すでに選択肢過多になっている側面があります。「新しい若者たち」は、自分たちが正しい選択をするために、共感・信頼できる近しい人のアドバイスとともに「ロールモデル」「先行事例」を取捨選択しています。信頼できる近しい人の代表が、両親・兄弟姉妹・祖父母・おじおば・いとこなどの家族・親類です。不確かな情報に踊らされることのないように、リスクヘッジをしながら取捨選択をしているのです。これら「ロールモデル」志向は、「新しい若者たち」に限った話ではありません。時代の変化が生んだ新たな志向と言え、今後はより幅広い年代の人たちへ影響すると考えています。

PAGE TOP